訪問歯科・外来歯科

大分きずなハロー歯科診療所

大分県大分市中島中央三丁目2番19号
TEL 097-529-8020

口腔ケア ➟ 認知症の予防

虫歯・歯周病の治療が認知症の予防になる

「65歳以上で自分の歯がない人は、歯が20本以上残っている人に比べ、認知症になる可能性が1.9倍」である事が、厚生労働省研究班の調査により明らかになりました。

認知症の新聞記事

  • 口を動かすことで脳に刺激を与えます!
  • 食事が楽しいことは、能力や意欲の維持に効果を発揮します!

『認知症は歯がなくなるとおこりやすい傾向がある』 を踏まえて、身近な口腔ケアの意識をもう一度見直し、認知症を予防しましょう。

認知症と診断されたら

歯科検診を受けましょう

※先ずは、訪問歯科医に連絡し検査を受けて、必要な治療を始めましょう。
認知症患者さんは明確な訴えをしないため、口腔ケアが疎かになりがちです。 歯磨きをしているような動作をしていても、実際には磨けていないことが多いのです。認知症が進行すると、治療するという認知ができなくなり、治療を拒むことが多くなります。
そうなる前に!

認知症と診断されたら

※自分で食べられることは喜びです。
味覚・嗅覚・視覚、口の筋肉を使うことは、脳を刺激し、認知症の改善が期待出来ます。 顔の筋肉を使っての笑顔も増えます。

※ご家族と共に、毎日の口腔ケア・リハビリを継続しましょう。
口腔ケアで、口の中を清潔に保つことで、2次的な病気の発症も大きく予防出来ます。
口腔リハビリによって、コミュニケーション能力を維持することも、認知症改善のカギです。

入歯治療で転倒予防